心の声がわからない時に知っていて欲しい3つの順番

こんにちは。綿子(iroand/zine)です。

「心の声を聞こう」と、よく言いますが、いまいちよく分からない。

そんな方も多いのではないでしょうか?

私も以前は〝心の声を聞く〟ということの意味が分からず、この言葉自体に困惑していました。

今でも思考や感情の渦に飲まれている時は難しいのですが…少しずつできてきたように思います。

そこで今回は、心の声が分からない時に知っていて欲しい3つの順番について書きました。

  • 行動ができない
  • 自信がない
  • 不安で情報を得てしまう

そんな時の参考になれば嬉しいです◎

目次

①分からないから行動できない

本来の順番は、行動するから → 分かる です。

私たちは、失敗することを怖いと感じ失敗を避けようとします。これには「失敗はいけないもの」という長年の思い込みがあります。

けれども、「失敗」はいけないものではなく、ただの結果でありデータにすぎません。失敗という結果を元に、次の行動を決める有益なデータを得ているだけ。

もし、「分からないから行動できない」という方がいれば、行動 → 分かる という順番を是非、知っていて下さい。

「分からないまま、進む」この、パワフルさはとても偉大です。

②自信がないから決められない

本来の順番は、決めて → 行動する内に → 自信がつく

私もそうでしたが、自分に自信がないと決めることが怖いです。

なぜなら、失敗してしまうかもしれない。→ 失敗したら、怖いことが起こるかもしれない。と、無意識に思っていたから。

なので、いつまで経っても何一つ決められない。決めたくない。と考えていました。

けれども、まずは何かを決めてみる。そして行動してみる。と、何かが分かるので、それを踏まえてまた決めて、行動してみる。これを繰り返していく内に、自信は自ずとついてきます

もし、「自信がなくて決められない」という方がいれば、決めて → 行動するから → 自信がつくぜひ、この順番を知っていて下さい。

「とりあえず決めてみる」この、パワフルさもとても偉大です。

③情報を取り入れて判断する

本来の順番は、自分の内側から情報を受け取ると→ 外側から答え合わせをしてくれる。です。

以前の私は、色んな情報を沢山得ていました。

レビューを読んだり、凄いなぁと思っている人の発信を読んだり。そして、そうした外側から得た情報を元に決断、判断をしようとしていました。

なぜなら、自分の直感や感覚に自信が持てず、自分の感覚を信じると失敗してしまう。→ 失敗すると怖いことが起こる。と、無意識で思っていたから。

けれど自分の答えは自分の中にしかありません。

〝自分の内側という情報源〟ほど自分に合うものは、無いのです。外側の情報に触れれば触れるほどこの〝情報源〟の純度が下がります。

もし、「何に決めていいか分からなくて沢山の情報を得ようとしてしまう。」という方がいれば、自分の内側の情報を受け取ると→ 外側から答え合わせをしてくれる。是非、この順番を知っていて下さい。

「自分の心の声を聞く」これは、何よりもパワフルです。 

とは言えそれが難しい…そんな時は

とは言え感情の波が激しくなっている時や、思考の渦に飲まれている時は、これがなかなか難しいもの。

そんな時は、

  • 瞑想や内観をして感情を感じ切る。
  • ノートに全て書き出して思考の整理をする。

のがおすすめです。

そして、思い切って第三者に話してみるのもいいですね。その時に忘れたくないのは、〝自分で自分をやっていく〟という意識。

自分で自分をやっていく、その為に第三者に話すという選択をするんだ。と意識することで、依存的な相談ではなくなっていくはずです。

終わりに、忘れるのがデフォルトだから
何度でも思い出せばいい

私たちは皆、自分で自分のことをやれるのだけどついつい忘れてしまうので、忘れてしまうのがデフォルトなんだと認めて、それなら度々思い出したらいいと思うのです。(笑)

そうだったそうだった。とあっけらかんと、何度でも思い出していきましょう◎

それでは、ここまでお読み下さりありがとうございました。

iro and の綿子(iroand/zine)でした。

当サイトでは応援(投げ銭)システムを導入しています。
ボタンを押すとクリエイター応援プラットフォームに移動します。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる