MENU

2021年手帳のおすすは?今年使っている手帳4冊+α を大公開

2020 9/23
2021年手帳のおすすは?今年使っている手帳4冊+α を大公開

こんにちは、手帳が大好きな綿子(@wata.note_)です。

「人生の伴走者」とも言われる手帳。今は色んなタイプのものがありますね。せっかくなら、自分にあった手帳を使いこなしたいもの。

毎年複数冊の手帳を使い分けている私が、2020年に使っている4冊+αをご紹介します。手帳選びの参考になれば幸いです。

目次

2020年に使っている手帳

①わたしのきんいろ手帖

わたしのきんいろ手帖2020

前のバージョンの時、2016年から使っている大好きな手帳。

マーマーマガジン編集長の服部みれいさんが作った手帳で〝毎月の読みもの〟や ワークなど、読むだけでも非常に面白いです。

スケジュール管理というよりも、まさに伴走者な手帳。

1年を通して、じっくり自分の内面、そして身体と向き合いたい方におすすめです。

≫ ≫ ≫もっとくわしく!(HPへ)

≫ ≫ ≫ほしい!(楽天市場)

②CITTA手帳

CICITTA手帳

『自分の未来を予約する』がコンセプトのこの手帳。1週間分のスケジュールを先取りで書くのがポイント。

  • 月初めに【ワクワクリスト】ページ
  • マンスリーページが見開き2か月
  • たっぷりめのガントチャート

などなど、自分の気持ちと向き合いながらも、1日を大切にし、どんどん行動を起こしたい人におすすめな手帳です。

私はこの手帳のおかげで、生活リズムが整い、メリハリがつけれるようになりました。

くわしく!(HPへ)

≫ほしい! (Amazon) or (楽天市場)

③ 13の月の暦ダイアリー

13の月の暦

7月26日を新年と考え28日×13ヵ月で分けた、少し変わった手帳。

使っている内に、
体と心のリズムが調整され、健康になったり、シンクロニシティーがたくさん起こったり、気づきが増えるそう。

マヤ歴や自然のリズムとの調和に興味がある人におすすめ

今回で2冊目ですが、正直あまり使えていない状態。でも、自分の中の気づきに関して、とても良いそうなので2020年の7月まで、もう少し使い込んでみたいと思っています。

自分の中の気づきや内観したことを記すようにして、気づきノートとして使ってみたいと思います。

バーチカルタイプだけでなく、ウィークリータイプのものもあります

くわしく!(HPへ)  

ほしい!(HPへ)


※この手帳は7月26日始まりです。

④EDIT手帳

edit手帳

こちらも長く愛用してる1日1ページの手帳です。

朝に思い付いたことを、ただ書くモーニングページや瞑想した時に感じたことを書いたりと、自由に使っています

ノートと違って後から日付で検索振り返りができるのがいいですね。

自由に使いたい、マスキングテープなどを色々貼りたい、そんな方におすすめです。

≫ ≫ ≫ほしい!(Amazon) or (楽天市場)

+α (ノート、日記)

モレスキンノート

モレスキンノート

アイデアの捻出や自己分析などはモレスキンノートを使っています。

私が使っているのは、クラッシックノートブック、ハードカバーのラージサイズ、罫線タイプです。

メモの魔力が好きな方や、ガンガン書き込みたい方におすすめのノートです。

≫ ≫ ≫詳しく!(HPへ)

≫ ≫ ≫欲しい!(Amazon) or (楽天市場)

マークス5年日記

5年日記

2016年から書き始めた5年日記も5年目を迎えます。書けていない日もちょこちょこありますが、全く気にしていません。(笑)

子供の成長はもちろん、体調を崩しやすい時期や、毎年の行事ごと、色んなことがぎゅっと詰まった連用日記が私は大好きです。

くわしく!(HPへ)

≫ほしい!(Amazon) or (楽天市場)

良い手帳と出会えますように!

最近はスケジュール管理だけでなく、

  • 自分の内面と向き合う
  • 自分の生活と整える
  • 自分の夢を実現させる
  • キレイになる
  • キャンバス代わりにする

などなど、色んな目的に分かれた手帳が沢山出ています。

1冊の手帳に全てまとめる手帳術もいいですが、目的別で使い分けるのも効果的かつ楽しくていいですよ。

是非、どんな1年にしたいか、手帳を使って何をしたいかなどを書き出しつつ、

目的に合った手帳を見つける為の“手帳会議”をしてみて下さいね。

ピッタリの手帳に出会えて、充実した時間を過ごせることを願っています。

目次